北海道曹達株式会社

ご挨拶会社概要製品・事業情報アクセスお問い合わせリンク

会社概要 〜北海道曹達株式会社「北海道曹達のケミストーリー(Chemical Story)」を「北海道から発信」します

TOP会社概要>会社沿革

会社沿革

資本金500万円 1949年(S24) 東京事務所開設
資本金1億3千万円に増資
幌別事業所起工式
1950年(S25)
幌別事業所完成通電
札幌本店開設
1951年(S26) ビリタージーメンス式水平隔膜電解槽3KA18槽
アンモニア間接式塩素液化装置2.5T/D*2基
サーマル型合成塩酸装置4T/D*2基 他
1953年(S28) 日本ソーダ工業会へ入会
1954年(S29) ポロナック製造開始
資本金1億4千万円に増資 1955年(S30)
資本金1億9千万円に増資 1956年(S31) 水銀電解槽新設
資本金3億円に増資 1961年(S36)
  1962年(S37) 二股珪土による珪酸ソーダ製造開始
塩化第二鉄製造開始
  1969年(S44) ノースパック生産開始
東京事務所移転
  1971年(S46) 工業用次亜塩素酸ソーダ製造開始
  1972年(S47) (株)ホテルハイランドへ資本参加
資本金6億円に増資
苫小牧事業所起工式
1974年(S49)
資本金12億円に増資
苫小牧事業所完成
1975年(S50) フッカー式隔膜電解槽通電
1976年(S51) 青函トンネル用珪酸ソーダ納入開始
資本金14億円に増資 1982年(S57)
資本金10億2千万円に減資 1983年(S58)
1984年(S59) 青函トンネル向け珪酸ソーダ出荷終了
資本金12億2千万円に増資 1985年(S60) 青函トンネル本坑貫通
イオン交換膜法電解槽完成(幌別)
キトサン製造設備完成
1986年(S61) クロレート電解設備完成
1987年(S62) イオン交換膜法電解槽完成(苫小牧)
ディーゼル発電設備完成
1989年(H1) 本社東京を苫小牧に移転
低食塩次亜生産開始
1991年(H3) 塩化アルミニウム・6水和物、製造設備完成
1993年(H5) 札幌本店事務所移転
液状融雪、防塵剤(ノースクリア)生産、販売開始
1994年(H6) 幌別事業所IM電解設備を停止
キトアクア生産開始
高塩基度PAC製造
ポリ硫酸鉄生産開始
2000年(H12) 苛性ソーダ  ISO9002認証取得
塩化第二鉄  ISO9002認証取得
2002年(H14) 一般用塩販売を開始
本店を苫小牧に移転
2003年(H15) ポロナック JWWA(日本水道協会)認証取得
ノースパックJWWA(日本水道協会)認証取得
2005年(H17) 苫小牧事業所に原油焚きボイラーの新規導入
2006年(H18) 幌別事業所登別市委託事業に参画(幌別)
一般用塩加工ヤード設置
(苫小牧)
2007年(H19) 苫小牧事業所内 物流センター設置(苫小牧)
  2010年(H22) 子会社である株式会社ホテルハイランドを吸収合併
           2011年(H23) 幌別事業所にLPG混焼ボイラーの新規導入(幌別)
  2012年(H24) 旭硝子株式会社の系列会社となる
  2015年(H27) イオン交換膜法電解槽・整流器完成(苫小牧)
Page Top